STAFF BLOG(MYU Planning and Operators)

マッチング商談会@大阪

今年もこの季節がやってきました。
そうです、世界のエンターテイメント、栗拾いのシーズンです。
むらむらが止まりません。栗拾いたいよう、Risaです。こんにちは。


さて本日は業務のご紹介。


青森県が立ち上げた「A! Premium(青森県総合流通プラットフォーム)」という取り組みを
ご存知でしょうか?


「A! Premium」とは(青森県ウェブサイトより抜粋)
輸送時間の短縮と鮮度・品質を保持した付加価値の高い物流により、農林水産品等の国内外への
流通拡大を物流面で支援することを目的とした輸送の枠組み(仕組み)です。
公募手続きを経て、平成26年7月24日付で、青森県とヤマト運輸株式会社が締結した連携協定に基づく取組です。



ざっくり言うと、青森県から関西圏への生鮮食材の配送は、これまで2泊3日、もしくはそれ以上
かかっていたのを、最短で1泊2日まで短縮できる輸送サービスです。


ミュープランニングでは、関西以西でのサービスの周知やマーケティング業務を
お手伝いさせていただいています。



そのひとつとして、先週9月12日土曜日、大阪でマッチング商談会を開催しました。
参加者は青森のサプライヤーさんと、関西の飲食店、スーパー、百貨店のバイヤーさん。
会場は大阪国際展示場。



2016_09_23_01.jpg


「マッチング商談会」というのは通常の展示会とは異なり、
あらかじめ組まれたタイムスケジュールに沿って
バイヤーさんとサプライヤーさんが面談方式でより具体的な商談をします。

つまり、バイヤーさん側がどんな商材を求めているのか、
サプライヤーさん側がどんな業種に商品を売り込みたいのかを細かく把握し、
できるだけ両者の希望に沿った面談スケジュールを組むことが最大のポイント。

今回の参加バイヤー企業様は32社、サプライヤー様は23社。
このタイムテーブル作りはかなり難易度の高いパズルです。


開催時間は11時~16時半。
この間に、できるだけ多くの企業の希望や特徴に沿った面談をセットしなくてはなりません。
しかもバイヤーさんによっては一部の時間しか参加できなかったりします。
効率の良さやそれぞれの都合についても考慮が必要。


さらに当日は時間通りにこられない方々も出現します。
綿密に組んだスケジュールもその場でテトリス的にパズルです。

ああーもうブロックが落ちてくる!落ちてくる!的な。



2016_09_23_02.jpg

こんな会場が↑
こんな感じに↓

2016_09_23_03.jpg

2016_09_23_04.jpg
冷蔵冷凍ケースも持ち込みました。

2016_09_23_26.jpg

2016_09_23_07.jpg
運営チームの法被。「決めては、青森県産。」





商談会は嵐のように過ぎていきましたが、無事終了。
多くの参加者さまから良かったと感想をいただきました。

しかし本当の意味での結果はこれから。
ひとつでも多くの商談が成立して、青森の食材が西日本で
流通してくれることを祈ります。



それではまた!




作成日時:16:45 2016年9月23日
トラックバックURL : http://www.myuplanning.co.jp/blog/system/mt-tb.cgi/154
STAFF BLOG トップページへ
↑このページの先頭へ