STAFF BLOG(MYU Planning and Operators)

とらやさん@御殿場

2ヶ月くらい前からいきなりラグビーにはまりました。
ルールもわからないままひとりで秩父宮で観戦などしています。
レベル的に言うとラグビー観戦8級です。Risaです、こんにちは。




さて先日、「一般財団法人 日本のこころSoul of Japan」主催の
特別ゼミに参加してきました。



2011年に設立されたこの財団は、日本の食文化を通じて人々がつながり、
世代を超えた新たな取り組みや支援を行う基盤創りを目指して、
日本食の情報発信やセミナーなどを開催しています。

代表的な活動のひとつとして、カリフォルニア州ナパの
CIA(Culinary Institute of America、食のハーバード大学と呼ばれる
世界最高の料理学校)で、多くの日本の料理人や飲食に関わる人々を派遣し、
日本の食文化を伝えるイベントやゼミなどを行っています。


ミュープランニングもSoul of Japanの法人会員として、これまでCIAでゼミを
開講させていただいたり、イベントのお手伝いをさせていただいたりしています。


今回の特別ゼミのテーマは「和菓子」ということで、
もらうとテンションの上がる羊羹でおなじみ、和菓子の「とらや」様の、
御殿場にある工場と、「とらや工房」という施設を見学させていただきました。

ちなみに「とらや」の17代当主、代表取締役の黒川様は、
Soul of Japanの評議員のおひとりでもいらっしゃいます。




富士山を臨む静かな森の中にあるとらやさんの御殿場工場。
(あいにくの雨で富士山は見られなかった)
こちらでは「とらや」さんの商品の70パーセント以上を生産しています。

例えば、おなじみの「小型羊羹」は、1日約4万個。
よんまん・・・


残念ながら工場内の撮影はNGだったのですが、
次々とコンベアの上をを流れていく小型羊羹の行列は
いわば無限ようかん。



2016_06_27_01.jpg

2016_06_27_02.jpg

見学の最後には看板商品である「夜の梅」と「おもかげ」の
食べ比べをさせていただきました。
とらやさんの羊羹をこんな厚切りで食べたの初めて。ぜいたく。




そして工場からバスで約30分。
2007年にオープンされた「とらや工房」さんへ。


こちらはとらやさんが、『「和菓子屋の原点」を今の時代に再現してみたい』
というテーマのもと作られた、工房兼カフェ。
スタッフさんたち自らが原材料の生産にもかかわりながら、
どらやきや人形焼といった素朴なお菓子を手作りしています。



こちらは以前にもお邪魔したことがあるのですが
あいかわらずマイナスイオン出まくりの、非常に気持ちのいい場所です。




2016_06_27_04.jpg


2016_06_27_05.jpg



手焼きのどら焼き付きのお昼をいただいたあと、
「とらや」の理念や「とらや工房」のいまについて、
お話をしていただきました。

その中でとても印象深かった部分をひとつご紹介させていただきます。


室町時代後期創業の「とらや」さんが、天正年間(1573~92年)に
まとめられたものを、文化2年(1805年)に書き改められたという
掟書という文書です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

「とらやの掟書」

・毎朝六ツ時には店の掃除をすること

・菓子の製造にあたっては常に清潔を心がけ、口や手などを
 たびたび洗うこと

・上の者でも手落ちがあった場合は遠慮なく注意しあって、
 常に「水魚の交わり」を心がけること

・お客様が世間の噂話をしても、こちらからはしない。また、
 子供や女中のお使いであっても、丁寧に対応して冗談などは言わぬこと

・虎屋への出入りの商人であっても、身内同様に心がけること

・御用のお客様でも、町方のお客様でも丁寧に接すること。
 道でお会いした場合は丁寧に挨拶すること

・親しいお客様でも七ツ時(16時頃)までは酒肴を出してはいけない。
 ただし遠来の珍客は別である。

---------------------------------------------------------------------------------------------



いまの言葉にするなら、「とらや」さんのクレド。
遠い昔にすでにこんなに完成度の高いそれを作っていらっしゃったのは
さすがだなあ、と感銘を受けました。




そして工場・工房見学を通してもうひとつ感動したのは
社員、スタッフのみなさんのおもてなしの気持ちです。
「とらや工房」さんに至っては実はこの日は休館日。それなのに
多くのスタッフさんが私たちのために出勤してくださり
様々な面で心を配ってくださいました。


日本のこころって改めて素晴らしい、
そして「とらや」さんはやっぱり凄い。
そしてわたしは「夜の梅」派。



とっても有意義な時間を過ごさせていただきました。




それではまた!





作成日時:15:57 2016年6月30日
トラックバックURL : http://www.myuplanning.co.jp/blog/system/mt-tb.cgi/152
STAFF BLOG トップページへ
↑このページの先頭へ